紫微斗数四柱推命九星気学人相占いカレンダーパワースポット
四柱推命トップ  >  四柱推命の基礎知識  >  特殊星  >  華蓋(かがい)

華蓋(かがい)とは?

気品ある人物

華蓋(かがい)は、学問・芸術・技能・宗教などにまつわる吉星とされます。 精神的なものに関心が深くなることが多く、気品ある人物になるとされます。

命式に華蓋が入る人は、精神的・芸術的なものへ傾倒しやすいのが特徴です。 職業としては、一般的な実業よりも、研究者・芸術家・芸能人・職人・医者・宗教家などへの適性が高まるとされます。

一方で、命式に華蓋が入る人には、精神的な孤独がついてまわるとされます。 何らかの道を極めることに邁進して、自分の世界に入り込むことを好むためです。

結婚を遠ざけがちで、どちらかといえば晩婚の傾向となります。 その自覚があって結婚をのぞむ場合には、お見合いなどの活用を検討されてもよいかもしれません。

華蓋となる条件

華蓋となるのは、月支と各柱の地支が以下の組み合わせの場合です。

  • 月支が「寅」の場合に、地支が「戌」なら華蓋となる。
  • 月支が「卯」の場合に、地支が「未」なら華蓋となる。
  • 月支が「辰」の場合に、地支が「辰」なら華蓋となる。
  • 月支が「巳」の場合に、地支が「丑」なら華蓋となる。
  • 月支が「午」の場合に、地支が「戌」なら華蓋となる。
  • 月支が「未」の場合に、地支が「未」なら華蓋となる。
  • 月支が「申」の場合に、地支が「辰」なら華蓋となる。
  • 月支が「酉」の場合に、地支が「丑」なら華蓋となる。
  • 月支が「戌」の場合に、地支が「戌」なら華蓋となる。
  • 月支が「亥」の場合に、地支が「未」なら華蓋となる。
  • 月支が「子」の場合に、地支が「辰」なら華蓋となる。
  • 月支が「丑」の場合に、地支が「丑」なら華蓋となる。
紫微斗数四柱推命九星気学人相占いカレンダーパワースポット