占い★スタークローラー

四柱推命

四柱推命トップ  >  結婚・恋愛の傾向

結婚・恋愛の傾向

四柱推命で【結婚・恋愛の傾向】を鑑定します。

生年月日時による命式

生年月日:1958年8月13日(63歳) 出生時刻:不明(時差19分) 性別:
  年柱 月柱 日柱 時柱
天干の通変星 偏官 偏印 - 不明
天干 不明
地支 不明
地支の蔵干 不明
蔵干の通変星 印綬 偏官 印綬 不明
十二運 冠帯 長生 冠帯 不明
特殊星 天徳合
大極貴人
駅馬
駅馬
月徳貴人
不明

参考データ
空亡:子丑

日支の通変星から分かること

結婚・恋愛の傾向については、日支などを参考にして鑑定します。 自分自身を表すとされる日干と、配偶者を表すとされる日支とがどのような関係になるかを表したものが、日支の通変星です。 上記の命式で言うと、[日柱]と[蔵干の通変星]が交わったところが日支の通変星です。 上記の命式では、日支の通変星は「印綬」となっています。

日支の通変星が、 「比肩・劫財・食神・傷官・偏財・正財・偏官・正官・偏印・印綬」 のどれに分類されるかで、恋愛・結婚の傾向を推定します。

尚、四柱推命で運勢を見る際には、必ず命式全体のバランスと合わせて考慮します。 以下の鑑定文を参考にする際にも、 命式のバランスが良ければ運勢のバランスも良く、 偏ってれば運勢にも偏りが出るということを念頭において、総合的に判断してください。

日支の通変星が印綬になる男性

日支の通変星が印綬になる男性は、知的でやや古風な女性と縁が出来やすいでしょう。 相手の女性は、どこか学者や研究者を思わせる理知的なタイプです。

どちらかと言えば、地味で素朴な印象の女性で、基本的にもの静かで物腰が落ち着いています。 おっとりしているように見えて、内面的にはプライドが高く、やや頑固な態度をとることがあるかもしれません。

結婚生活では、忍耐強く夫をサポートしてくれる良き妻となる可能性が高いでしょう。 妻には世間体を気にしやすい一面があるので、夫としてはそうした価値観を理解してあげる必要があるでしょう。 人によっては、慈善事業に取り組んだり、信仰心が強い場合もあります。

命式の見方
基本的な人格・性質
結婚・恋愛の傾向
健康運・注意すべき病気
運気の流れ(10年運と1年運)
他の人との相性を占う
日ごとの運勢カレンダー
西洋占星術で占う
九星気学で占う

※上記の占い結果は、四柱推命の解釈に基づいて性格の傾向を解説したものです。 あくまでも“四柱推命ではそういう傾向があるとされている”ということであり、 性格診断テストのような科学的根拠があるわけではありません。

※四柱推命の鑑定では、必ず命式全体のバランスを考慮する必要があります。 上記の性格判断は、命式の各部分を数値化するなどして機械的に算出しており、 必ずしも上記の解釈がすべてではない点に注意してください。

※より厳密に鑑定されたい場合には、信頼できる専門家に個人鑑定を依頼されることをおすすめします。