紫微斗数四柱推命九星気学人相占いカレンダーパワースポット
四柱推命トップ  >  四柱推命の基礎知識  >  十二運  >  冠帯(かんたい)

冠帯(かんたい)とは?

勢いは強く、伸びしろもある

冠帯(かんたい)は、十二運(じゅうにうん)のひとつです。

十二運は命式中の五行や通変星の強弱を表したもので、胎・養・長生・沐浴・冠帯・建禄・帝旺・衰・病・死・墓・絶の十二種類があります。

そのなかで冠帯は、人の一生に例えれば“成人したばかりの若者”のように心身ともに充実した運気です。 勢いは十分に強くなっていて、まだ伸びしろもあります。

冠帯の運気

冠帯は、人の一生に例えれば成人したばかりの若者、植物に例えれば勢いよく枝葉を伸ばす若い樹木です。

若々しいやる気に満ち、健康的な上昇志向で成長しやすい運気です。 多少の困難があっても、軽やかに乗り越えていくような勢いがあります。

明るく伸びやかなエネルギーに満ちており、健康運にも恵まれるでしょう。 力量は強く、十二運のなかでも良い運勢と言えるでしょう。

命式中(特に月柱や日柱)に冠帯がある人

命式中(特に月柱や日柱)に冠帯がある人は、積極的で活動的な人物でしょう。 気力体力が充実しており、自分のやりたいことをどんどん実現していく勢いがあります。

多少の失敗をしても、それを乗り越えていけるだけの若々しい強さがあります。 新しいことに前向きに挑戦して、チャンスを活かして発展していけるでしょう。

一方で、自己主張が過ぎるところがあるかもしれません。 鼻っ柱の強い若者が壮大な夢を語り、大風呂敷を広げているようなイメージです。

また、ときに勢い余って傲慢な態度をとってしまうことがあるかもしれません。 勢いだけで行動していると、思わぬ落とし穴にはまることもあるでしょう。

上記は、月柱や日柱の十二運が冠帯の人に、特に表れやすい傾向です。 年柱や時柱の十二運が冠帯の人も、少し上記の傾向があるかもしれません。

紫微斗数四柱推命九星気学人相占いカレンダーパワースポット