紫微斗数四柱推命九星気学人相占いカレンダーパワースポット
四柱推命トップ  >  四柱推命の基礎知識  >  十二運  >  帝旺(ていおう)

帝旺(ていおう)とは?

子どもとして成長する状態

帝旺(ていおう)は、十二運(じゅうにうん)のひとつです。

十二運は命式中の五行や通変星の強弱を表したもので、胎・養・長生・沐浴・冠帯・建禄・帝旺・衰・病・死・墓・絶の十二種類があります。

そのなかで帝旺は、人の一生に例えれば“実りの時期を迎えた中年期”のような運気です。 力量は十二運のなかでも最強のピークを迎えます。 建禄が頂点に向かう勢いある最強なら、帝旺は頂上にのぼり詰めた貫禄ある最強です。

帝旺の運気

帝旺は、人の一生に例えれば努力や苦労が報われて成功を収めた中年、植物に例えれば葉がふさふさと茂った成熟した大きな樹木です。

ある意味、頂点にのぼり詰めた状態の最強の運気と言えるでしょう。 若々しさよりは威厳と貫禄の側面が強くなり、勢いだけではなく積み上げた実績や実力をベースに成果を上げていきます。

権力を手に入れて何事も思いのままといった状態ですが、 運気はすでにピークを迎えており、衰退が忍び寄っている運気とも言えます。

命式中(特に月柱や日柱)に帝旺がある人

命式中(特に月柱や日柱)に帝旺がある人は、実力主義の人物でしょう。

独立心が強く人に頼らず自力で目標を達成していきます。 金運や名声運に恵まれており、特に仕事面では成功を収める可能性が高いでしょう。

一方で、プライベート面がおろそかになることがあるかもしれません。 仕事に夢中になって結婚を遠ざけたり、社会的に成功していても家庭を顧みなかったりといった具合です。

上記は、月柱や日柱の十二運が帝旺の人に、特に表れやすい傾向です。 年柱や時柱の十二運が帝旺の人も、少し上記の傾向があるかもしれません。

紫微斗数四柱推命九星気学人相占いカレンダーパワースポット