占い★スタークローラー

四柱推命

四柱推命トップ  >  高橋幸宏さんの基本的な人格・性質

高橋幸宏さんの基本的な人格・性質

四柱推命で【高橋幸宏さんの基本的な人格・性質】を鑑定します。

生年月日時による命式

生年月日:1952年6月6日(70歳) 出生時刻:不明(時差19分) 性別:
  年柱 月柱 日柱 時柱
天干の通変星 劫財 正財 - 不明
天干 不明
地支 不明
地支の蔵干 不明
蔵干の通変星 食神 正財 偏財 不明
十二運 不明
特殊星 天官貴人
月徳貴人
血刃
囚獄
飛刃
不明

参考データ
空亡:申酉

日干からみる性格

癸(みずのと)のイメージイラスト

日干が癸(みずのと)になる人は、例えるなら水滴・雨水のような人です。 水が環境に合わせて様々にカタチを変えるように、状況に逆らわず柔軟に変化します。

土壌にスッと浸み込む水滴のように、基本的に素直で穏やかな性質です。 純粋な心の持ち主で、いつも物思いにふけっているようなところがあり、想像力が豊かです。 知的な雰囲気を持っていて、日々の生活からはどこか潤いが感じられる感性豊かな人でしょう。

一方で、繊細で神経質な一面があるようです。 その悪い面が出れば、些細な事をいつまでもクヨクヨと気にしたり、 視野が狭くなって必要以上に悲観的になることがあるかもしれません。

月支元命からみる性格

月支元命が正財(せいざい)になる人は、誠実で真面目な働き者でしょう。 社会人としてきちんとした態度で振る舞える堅実な人であり、 正義感や責任感が強く、社会ルールやモラルを守ります。

決して派手ではありませんが、いつも安定した対応で頼りになる人です。 合理的な価値観の持ち主で、仕事もしっかりとこなせます。 周りの人たちに安心感を与えるタイプと言えるでしょう。

一方で、堅実な分だけ視野が狭くなりがちで柔軟性に欠ける傾向です。 決められた実務を日々こなしていくことは得意ですが、 自由な発想が求められる場面では正財の長所は活かしにくいかもしれません。

正財は、あまり浪費をしません。 それ自体は長所ですが、 お金を貯め込むばかりで生かしきれないということがあるかもしれません。

※ここまでは、日干・月支元命・通変星による大まかな鑑定です。 日干・月支元命・通変星から大まかに鑑定することで、その人の主軸となる気質が判断できます。

日干支からみる基本性格・コミュニケーション・恋愛運・金運・仕事運

ここからは、より詳しくみていきます。 上記の命式では、性格や運勢への影響が特に大きい日柱の干支(日干支)は「癸未」となっています。 以下は、日干支からみる基本性格・コミュニケーション・恋愛運・金運・仕事運です。

基本性格

人懐っこく根が明るい人です。 普段はおっとりとしていますが、感情豊かで何かの拍子に陽気な部分が表れます。 気分屋な面があり、冷めているときと熱くなっているときの差が激しいでしょう。

コミュニケーション

社交的な性格で、多くの人と交流します。 相手に合わせることができ、様々な人とうまくやっていけます。 初対面の人とも打ち解けるのが早いでしょう。

恋愛運

好きになった相手には、自分から積極的にアプローチします。 仲の良い友人から、交際へと発展するケースが多いでしょう。 交際相手には誠実に向き合い、浮気することなく仲良く過ごします。 結婚生活は、安定したものとなるでしょう。

金運

人付き合いの広さが、金運につながるでしょう。 目上の人から可愛がられやすく、発展のチャンスをつかめるかもしれません。 どちらかと言えば大器晩成型であり、年を重ねるごとに金運が上がっていくでしょう。

仕事運

自立心旺盛で、人に頼らず仕事を進めていきます。 マイペースで仕事に没頭して、するべきことを着々とこなしていきます。 問題が起きた場合には、なるようになるさと楽観的に構えて対応します。 組織でもうまくやれますが、自分でビジネスを立ち上げるのも良いでしょう。

開運のカギ

  • ・ゆったり大らかに
  • ・心の奥に情熱を燃やす
  • ・困難な時も楽観的に
  • ・人懐っこい人間好きでいる
  • ・様々な人と交流する
  • ・パートナーを大切にする

日干支が癸未となる芸能人・有名人(敬称略)

性格や運勢への影響が特に大きいのは日干支ですが、年干支・月干支・時干支からも影響を受けます。 それぞれの干支(かんし)の性格的傾向などは、以下のリンク先を参考にしてください。

年柱:壬辰
月柱:丙午
日柱:癸未
時柱:不明

61~71歳の10年運

劫財(ごうざい)がめぐる期間

61~71歳の10年間にめぐる通変星は劫財となります。

劫財がめぐる期間には、破壊的な欲求や衝動が出やすくなります。 自我が強くなりますが、その自我はどこか厭世的であり、社会モラルや一般常識に反発を感じやすくなります。 例えば、子供なら親の言うことを聞かず勉強や宿題をサボったり、 成人ならイチかバチかの大勝負をしてみたくなるなど、反抗的・刹那的な気持ちが出やすくなります。

自己中心的な言動や独断が多くなる時期であり、対人関係のトラブルが起こりやすいので注意が必要です。 また、交通ルールや法令に対しての認識がルーズになりがちなので、気を引き締める必要があるでしょう。

その反面、チャレンジ精神が高まって勝負強くなる時期でもあります。 それ自体は悪いことではないので、そうしたタイミングを利用する意識を持つと良いでしょう。

意志の強さが独りよがりにならないように、挑戦が単なる無謀にならないように、自己確認しながら物事を進めることです。 正攻法ではなく逆転の発想や裏からのアプローチが功を奏することもあるでしょう。

[0~11歳] [11~21歳] [21~31歳] [31~41歳] [41~51歳] [51~61歳] [61~71歳] [71~81歳] [81~91歳] [91~101歳] [101~111歳] [111~121歳] [現在の大運]

大運表(人生を10年単位に区切った運気の流れ)

大運(たいうん)は、10年単位で変化して巡る運気です。

大運(10年運)
年齢 天干の
通変星
大運の
干支
大運の
蔵干
蔵干の
通変星
十二運 運気
0~11歳 正財
正財
11~21歳 偏財
偏財
21~31歳 正官
正官
自我が弱まる
31~41歳 偏官
印綬
41~51歳 印綬
偏印
51~61歳 偏印
正官
自我が弱まる
61~71歳 劫財
劫財
自分が強まる
71~81歳 比肩
比肩
自分が強まる
81~91歳 傷官
正官
自我が弱まる
91~101歳 食神
傷官
101~111歳 正財
食神
111~121歳 偏財
正官
自我が弱まる

生まれてからの数年は、まだ運勢が定まっていない時期とみます。 運勢の基礎が定まる年齢を立運(りつうん)といいます。 上記命式の立運は 11歳 です。 立運の年齢から10年単位で大きな運気が巡ります。

10年運表と1年運表はこちら

この命式を鑑定する際に考慮すべき点

以下は、命式の部分に着目したディテール情報です。 あくまでもディテール情報ですから、どの程度参考にすべきかは見解の別れるところです。 ある程度の専門知識が必要となりますので、詳しく知りたい場合にはプロの占い師さんにみてもらうのも良いでしょう。

干合(かんごう)

命式のなかに干合(かんごう)はありません。

方合(ほうごう)

命式のなかに方合(ほうごう)はありません。

四墓(しぼ)

命式のなかに四墓(しぼ)はありません。

三合会局(さんごうかいきょく)

命式のなかに三合会局(さんごうかいきょく)はありません。

冲(ちゅう)

命式のなかに冲(ちゅう)はありません。

支合(しごう)

命式のなかの午・未が隣接している部分は、支合(しごう)しています。 隣接する2つの支が支合により強く結びつくことで、命式のバランスが変化します。 例えば、支合している支と、支合とは関係のない干との関係で生じる吉意や凶意は弱まります。

空亡(くうぼう)

命式の日柱が[癸][未]なので、空亡は「申酉」となります。 この命式の持ち主は、申年と酉年が空亡です。 空亡の時期には、普段とは異なる運気になります。

命式中に空亡があるかどうか

【年柱】:空亡ではありません。
【月柱】:空亡ではありません。
【日柱】: -
【時柱】:生時が不明なので、空亡かどうか不明です。

十二運(じゅうにうん)

命式の四柱の十二運は、以下の通りです。 十二運は、各柱の通変星の強弱を表すものです。 特に、月柱や日柱の十二運は、その人の性格や運勢にある程度は影響を与えると観ます。

それぞれの十二運の観たては、以下のリンク先でご確認ください。

【年柱】:
【月柱】:
【日柱】:
【時柱】:不明

特殊星(とくしゅせい)

上記の命式には、以下の特殊星が入ります。 特殊星は、命式内の天干と地支の組み合わせを部分的にみて、特定の組み合わせがある場合に名前をつけたものです。

特殊星は、命式の基本となる干支(かんし)や通変星(つうへんせい)に比べれば、それほど重視する必要はありませんが、 その人の性格や運勢を特徴づける部分的な要素と観ます。

それぞれの特殊星の観たては、以下のリンク先でご確認ください。

【年柱】:
【月柱】:天官貴人 月徳貴人 血刃 囚獄 
【日柱】:飛刃 
【時柱】:

命式の見方
基本的な人格・性質
結婚・恋愛の傾向
健康運・注意すべき病気
運気の流れ(10年運と1年運)
他の人との相性を占う
日ごとの運勢カレンダー
西洋占星術で占う
九星気学で占う
モテ占いで占う

※上記の占い結果は、四柱推命の解釈に基づいて性格の傾向を解説したものです。 あくまでも“四柱推命ではそういう傾向があるとされている”ということであり、 性格診断テストのような科学的根拠があるわけではありません。

※四柱推命の鑑定では、必ず命式全体のバランスを考慮する必要があります。 上記の性格判断は、命式の各部分を数値化するなどして機械的に算出しており、 必ずしも上記の解釈がすべてではない点に注意してください。

※より厳密に鑑定されたい場合には、信頼できる専門家に個人鑑定を依頼されることをおすすめします。