占い★スタークローラー

四柱推命

四柱推命トップ  >  安田成美さんの基本的な人格・性質

安田成美さんの基本的な人格・性質

四柱推命で【安田成美さんの基本的な人格・性質】を鑑定します。

生年月日時による命式

生年月日:1966年11月28日(56歳) 出生時刻:不明(時差19分) 性別:
  年柱 月柱 日柱 時柱
天干の通変星 正官 偏印 - 不明
天干 不明
地支 不明
地支の蔵干 不明
蔵干の通変星 偏官 傷官 偏財 不明
十二運 沐浴 不明
特殊星 天乙貴人
大極貴人
金與禄
月徳合
劫殺
咸池
不明

参考データ
空亡:午未

日干からみる性格

辛(かのと)のイメージイラスト

日干が辛(かのと)になる人は、例えるなら洗練された貴金属のような人です。 鋭い感性を持った流行に敏感な人で、新しいもの好きです。

アタマの回転が速く、他人の様子などをよく観察しており、緻密に思考を巡らせています。 一見繊細に見えますが、好き嫌いがハッキリしていて、内側には明確な意思を持っています。 一度定めた人生の目標に対して一徹であり、コツコツと努力を継続する職人タイプと言えるでしょう。

鋭い観察力を持った合理的でセンスの良い人ですが、悪い面が出れば、神経質になり過ぎたり、毒舌が過ぎることがあるかもしれません。

月支元命からみる性格

月支元命が傷官(しょうかん)になる人は、 外面的には強気、内面的にはデリケートな二面性を持っている人でしょう。 多感で傷つきやすい繊細な人ですが、そうした自分を守るために反抗的な態度をとります。 何らかのコンプレックスを持っていることが多く、 そのコンプレックスをバネにして反骨精神を燃やすタイプです。

このタイプの人は、干渉されたくないけれど独りは寂しい… 頼りたいけれど反発してしまう… 愛されたいけれど素直になれない… といった具合に、矛盾する感情に揺れがちです。

こうした感情の揺れは、芸術的な感性を育てるようです。 傷官には、クリエイティブな人が多く、 こうした独特の感性をうまく生かすことができれば、 独創的な作品を生み出すことができるかもしれません。

※ここまでは、日干・月支元命・通変星による大まかな鑑定です。 日干・月支元命・通変星から大まかに鑑定することで、その人の主軸となる気質が判断できます。

日干支からみる基本性格・コミュニケーション・恋愛運・金運・仕事運

ここからは、より詳しくみていきます。 上記の命式では、性格や運勢への影響が特に大きい日柱の干支(日干支)は「辛卯」となっています。 以下は、日干支からみる基本性格・コミュニケーション・恋愛運・金運・仕事運です。

基本性格

純粋さと独特のこだわりを持った人です。 どこか品が良く清らかで、努力家でありながら泥臭さを感じさせません。 何らかの才能を持っているタイプですが、条件が整っていないとそれを発揮できないような繊細な面もあります。 才能を発揮しやすい環境を、自ら作り上げてしまう不思議な行動力があります。

コミュニケーション

性善説で行動する、優しくて親切な人です。 感受性が豊かで、その場の空気や人の気持ちを敏感に感じ取ります。 短気なところもありますが、お人好しでサッパリとしています。 繊細で神経質でありながら、精神的にタフでもある不思議なバランスです。

恋愛運

ロマンチックな恋愛をする人です。 才能を発揮する姿が魅力的で、よくモテます。 恋愛経験は多くなる傾向ですが、深い交際に発展する相手は限られるかもしれません。 交際に発展する場合には、浮気などをせずに相手に誠実に向き合います。 束縛されるのが苦手ですから、結婚には慎重になりやすいでしょう。

金運

物事を合理的にとらえ、実行に移せる人です。 独特のこだわりと才能を活かして、若い頃から大成する人もあります。

仕事運

観察力があり、何でも器用にこなし、仕事は速く正確です。 表現力が豊かで、微妙なニュアンスも言葉などでうまく表現します。 感性が鋭いので、クリエイティブ職などに適性があるでしょう。

開運のカギ

  • ・自分の才能を知る
  • ・才能を発揮できる場所に身を置く
  • ・身の回りの環境を整える
  • ・生活習慣を守る
  • ・善行を積む
  • ・一流品にふれる

日干支が辛卯となる芸能人・有名人(敬称略)

性格や運勢への影響が特に大きいのは日干支ですが、年干支・月干支・時干支からも影響を受けます。 それぞれの干支(かんし)の性格的傾向などは、以下のリンク先を参考にしてください。

年柱:丙午
月柱:己亥
日柱:辛卯
時柱:不明

47~57歳の10年運

正財(せいざい)がめぐる期間

47~57歳の10年間にめぐる通変星は正財となります。

正財がめぐる期間には、何事も堅実に進めようとする気持ちが強くなります。 現在の社気的地位を手堅く守り、財産は貯金や不動産などの固定資産として貯め込んで、あまり動かさなくなります。

夜遊びなどは少なくなり、自宅で家族と過ごす時間が増える傾向です。 無難に過ごす単調な毎日と言えなくもありませんが、落ち着いて過ごせる平和な日々とも言えるでしょう。

地に足のついた時間を重ねることで、ある種の貫禄や説得力が備わります。 特に家族を養っている場合には、勤勉に働いて生活を安定させることに価値を見出すでしょう。

恋愛についても軽い遊びというよりは、マジメで誠実な交際となる傾向です。 この時期の交際は長続きしやすく、結婚につながることもあるでしょう。

[0~7歳] [7~17歳] [17~27歳] [27~37歳] [37~47歳] [47~57歳] [57~67歳] [67~77歳] [77~87歳] [87~97歳] [97~107歳] [107~117歳] [現在の大運]

大運表(人生を10年単位に区切った運気の流れ)

大運(たいうん)は、10年単位で変化して巡る運気です。

大運(10年運)
年齢 天干の
通変星
大運の
干支
大運の
蔵干
蔵干の
通変星
十二運 運気
0~7歳 偏印
傷官
7~17歳 印綬
印綬
17~27歳 偏官
比肩
自分が強まる
27~37歳 正官
劫財
自分が強まる
37~47歳 偏財
偏印
47~57歳 正財
偏官
自我が弱まる
57~67歳 食神
正官
自我が弱まる
67~77歳 傷官
印綬
77~87歳 比肩
偏財
87~97歳 劫財
正財
97~107歳 偏印
偏印
107~117歳 印綬
食神

生まれてからの数年は、まだ運勢が定まっていない時期とみます。 運勢の基礎が定まる年齢を立運(りつうん)といいます。 上記命式の立運は 7歳 です。 立運の年齢から10年単位で大きな運気が巡ります。

10年運表と1年運表はこちら

この命式を鑑定する際に考慮すべき点

以下は、命式の部分に着目したディテール情報です。 あくまでもディテール情報ですから、どの程度参考にすべきかは見解の別れるところです。 ある程度の専門知識が必要となりますので、詳しく知りたい場合にはプロの占い師さんにみてもらうのも良いでしょう。

干合(かんごう)

命式のなかに干合(かんごう)はありません。

方合(ほうごう)

命式のなかに方合(ほうごう)はありません。

四墓(しぼ)

命式のなかに四墓(しぼ)はありません。

三合会局(さんごうかいきょく)

命式のなかに三合会局(さんごうかいきょく)はありません。

冲(ちゅう)

命式のなかに冲(ちゅう)はありません。

支合(しごう)

命式のなかに支合(しごう)はありません。

空亡(くうぼう)

命式の日柱が[辛][卯]なので、空亡は「午未」となります。 この命式の持ち主は、午年と未年が空亡です。 空亡の時期には、普段とは異なる運気になります。

命式中に空亡があるかどうか

【年柱】:命式の年支が[午]なので、年柱が空亡となります。
【月柱】:空亡ではありません。
【日柱】: -
【時柱】:生時が不明なので、空亡かどうか不明です。

十二運(じゅうにうん)

命式の四柱の十二運は、以下の通りです。 十二運は、各柱の通変星の強弱を表すものです。 特に、月柱や日柱の十二運は、その人の性格や運勢にある程度は影響を与えると観ます。

それぞれの十二運の観たては、以下のリンク先でご確認ください。

【年柱】:
【月柱】:沐浴
【日柱】:
【時柱】:不明

特殊星(とくしゅせい)

上記の命式には、以下の特殊星が入ります。 特殊星は、命式内の天干と地支の組み合わせを部分的にみて、特定の組み合わせがある場合に名前をつけたものです。

特殊星は、命式の基本となる干支(かんし)や通変星(つうへんせい)に比べれば、それほど重視する必要はありませんが、 その人の性格や運勢を特徴づける部分的な要素と観ます。

それぞれの特殊星の観たては、以下のリンク先でご確認ください。

【年柱】:天乙貴人 
【月柱】:大極貴人 金與禄 月徳合 劫殺 
【日柱】:咸池 
【時柱】:

命式の見方
基本的な人格・性質
結婚・恋愛の傾向
健康運・注意すべき病気
運気の流れ(10年運と1年運)
他の人との相性を占う
日ごとの運勢カレンダー
西洋占星術で占う
九星気学で占う
モテ占いで占う

2023年の運勢

※上記の占い結果は、四柱推命の解釈に基づいて性格の傾向を解説したものです。 あくまでも“四柱推命ではそういう傾向があるとされている”ということであり、 性格診断テストのような科学的根拠があるわけではありません。

※四柱推命の鑑定では、必ず命式全体のバランスを考慮する必要があります。 上記の性格判断は、命式の各部分を数値化するなどして機械的に算出しており、 必ずしも上記の解釈がすべてではない点に注意してください。

※より厳密に鑑定されたい場合には、信頼できる専門家に個人鑑定を依頼されることをおすすめします。