占い★スタークローラー

四柱推命

四柱推命トップ  >  春日俊彰さんの基本的な人格・性質

春日俊彰さんの基本的な人格・性質

四柱推命で【春日俊彰さんの基本的な人格・性質】を鑑定します。

生年月日時による命式

生年月日:1979年2月9日(43歳) 出生時刻:不明(時差19分) 性別:
  年柱 月柱 日柱 時柱
天干の通変星 食神 劫財 - 不明
天干 不明
地支 不明
地支の蔵干 不明
蔵干の通変星 比肩 傷官 比肩 不明
十二運 冠帯 冠帯 不明
特殊星 節度貴人
暗禄
羊刃
月徳貴人
亡神
亡神
節度貴人
暗禄
羊刃
天徳貴人
不明

参考データ
空亡:寅卯

日干からみる性格

丁(ひのと)のイメージイラスト

日干が丁(ひのと)になる人は、例えるならコンロの火や人工的な灯りのような人です。 火性の人ですが、制御できない大火ではなく、温かく礼儀正しい火なのです。

内側にエネルギーを秘めた、アタマの回転の速い、ある意味せっかちな人ですが、物腰は柔らかく丁寧で身のこなしも洗練されています。

人の世話をしたり、役に立つことに喜びを感じるタイプで、周りとうまくやっていける協調性を備えています。

一方で、心の中では正義感が強く好き嫌いが激しいところがあります。 そうした激しい感情をあまりに表に出しませんが、 その悪い面が出れば、ストレスを発散させることが出来ずに、内側に不満ため込んでしまうことがあるかもしれません。

月支元命からみる性格

月支元命が傷官(しょうかん)になる人は、 外面的には強気、内面的にはデリケートな二面性を持っている人でしょう。 多感で傷つきやすい繊細な人ですが、そうした自分を守るために反抗的な態度をとります。 何らかのコンプレックスを持っていることが多く、 そのコンプレックスをバネにして反骨精神を燃やすタイプです。

このタイプの人は、干渉されたくないけれど独りは寂しい… 頼りたいけれど反発してしまう… 愛されたいけれど素直になれない… といった具合に、矛盾する感情に揺れがちです。

こうした感情の揺れは、芸術的な感性を育てるようです。 傷官には、クリエイティブな人が多く、 こうした独特の感性をうまく生かすことができれば、 独創的な作品を生み出すことができるかもしれません。

※ここまでは、日干・月支元命・通変星による大まかな鑑定です。 日干・月支元命・通変星から大まかに鑑定することで、その人の主軸となる気質が判断できます。

日干支からみる基本性格・コミュニケーション・恋愛運・金運・仕事運

ここからは、より詳しくみていきます。 上記の命式では、性格や運勢への影響が特に大きい日柱の干支(日干支)は「丁未」となっています。 以下は、日干支からみる基本性格・コミュニケーション・恋愛運・金運・仕事運です。

基本性格

穏やかで落ち着いた、大人の振る舞いが出来る人です。 感情が安定していて、激することは少ないでしょう。 言動が落ち着いているのは冷めているわけではなく、むしろ内面には強い情熱を持っています。 普段は冷静でも、突然バッと火が燃え広がるように一気に何かをやり遂げるタイプです。

コミュニケーション

礼儀正しく、人当たりの柔らかい温和な人です。 人情に厚い人で、お世話になった人への恩を忘れません。 無理をせず自然体でいながらも、さり気ない気配りが行き届いています。

恋愛運

内面的には感情の振り幅が大きいところがあり、情熱的な恋多きタイプと言えそうです。 好みの相手に出会うと、火がついたように恋に落ちるかもしれません。 出会いから急展開で、交際や結婚まで突き進むこともあるでしょう。 交際や結婚をしたら、相手に誠実に向き合います。

金運

大器晩成型の金運です。 恵まれた才能を活かすことができれば、大成できるでしょう。 目標が明確になると、本気モードに火がついて成功の確率が高まるでしょう。

仕事運

地頭が良く、どんな仕事も器用にこなします。 感性豊かで才能に恵まれているので、特にクリエティブ職などに適性がありそうです。 地道な努力を継続でき、ここ一番での勝負強さもあります。 作品や人から刺激を受けると、俄然やる気が出てくるでしょう。

開運のカギ

  • ・才能を活かす
  • ・目標を明確にする
  • ・情熱の炎を燃やす
  • ・努力を継続する
  • ・作品や人から刺激を受ける
  • ・周りに感謝する

日干支が丁未となる芸能人・有名人(敬称略)

性格や運勢への影響が特に大きいのは日干支ですが、年干支・月干支・時干支からも影響を受けます。 それぞれの干支(かんし)の性格的傾向などは、以下のリンク先を参考にしてください。

年柱:己未
月柱:丙寅
日柱:丁未
時柱:不明

42~52歳の10年運

偏財(へんざい)がめぐる期間

42~52歳の10年間にめぐる通変星は偏財となります。

偏財がめぐる期間には、社交性が高まり金運も上向きます。 仕事・プライベートの両面で積極的に行動することでチャンスを得やすくなるでしょう。 チャンスに際しては、素早く動くことを心掛けます。 仕事で得たお金を貯め込むというよりは、さらなる事業拡大や自分にとってプラスとなる人との交際などに再投資することで、スパイラル状に発展しやすくなるでしょう。

この時期には人間関係のトラブルは少なく、おおむね円満に過ごせます。 人から誘われる機会が多くなり、交際の幅が広がりやすくなるでしょう。 人の集まる場所に積極的に参加することで、仕事運や恋愛運が良くなるでしょう。 結婚にも至りやすい良い運気です。

注意が必要なのは、お金の入りやすい時期ですが、人との交流などで出ていきやすい時期でもあります。 お金をただ使うのではなく、活かす意識を持つように心掛けます。 また、恋愛運の高まる時期ですが、それだけに浮気などが起こりやすくなる時期でもあります。 大切なものを失うことの無いよう若干の戒めは必要でしょう。

[0~2歳] [2~12歳] [12~22歳] [22~32歳] [32~42歳] [42~52歳] [52~62歳] [62~72歳] [72~82歳] [82~92歳] [92~102歳] [102~112歳] [現在の大運]

大運表(人生を10年単位に区切った運気の流れ)

大運(たいうん)は、10年単位で変化して巡る運気です。

大運(10年運)
年齢 天干の
通変星
大運の
干支
大運の
蔵干
蔵干の
通変星
十二運 運気
0~2歳 劫財
傷官
2~12歳 偏印
偏官
自我が弱まる
12~22歳 印綬
正官
自我が弱まる
22~32歳 偏官
傷官
32~42歳 正官
偏財
42~52歳 偏財
正財
52~62歳 正財
傷官
62~72歳 食神
比肩
自分が強まる
72~82歳 傷官
劫財
自分が強まる
82~92歳 比肩
傷官
92~102歳 劫財
偏印
102~112歳 偏印
印綬

生まれてからの数年は、まだ運勢が定まっていない時期とみます。 運勢の基礎が定まる年齢を立運(りつうん)といいます。 上記命式の立運は 2歳 です。 立運の年齢から10年単位で大きな運気が巡ります。

10年運表と1年運表はこちら

この命式を鑑定する際に考慮すべき点

以下は、命式の部分に着目したディテール情報です。 あくまでもディテール情報ですから、どの程度参考にすべきかは見解の別れるところです。 ある程度の専門知識が必要となりますので、詳しく知りたい場合にはプロの占い師さんにみてもらうのも良いでしょう。

干合(かんごう)

命式のなかに干合(かんごう)はありません。

方合(ほうごう)

命式のなかに方合(ほうごう)はありません。

四墓(しぼ)

命式のなかに四墓(しぼ)はありません。

三合会局(さんごうかいきょく)

命式のなかに三合会局(さんごうかいきょく)はありません。

冲(ちゅう)

命式のなかに冲(ちゅう)はありません。

支合(しごう)

命式のなかに支合(しごう)はありません。

空亡(くうぼう)

命式の日柱が[丁][未]なので、空亡は「寅卯」となります。 この命式の持ち主は、寅年と卯年が空亡です。 空亡の時期には、普段とは異なる運気になります。

命式中に空亡があるかどうか

【年柱】:空亡ではありません。
【月柱】:命式の月支が[寅]なので、月柱が空亡となります。
【日柱】: -
【時柱】:生時が不明なので、空亡かどうか不明です。

十二運(じゅうにうん)

命式の四柱の十二運は、以下の通りです。 十二運は、各柱の通変星の強弱を表すものです。 特に、月柱や日柱の十二運は、その人の性格や運勢にある程度は影響を与えると観ます。

それぞれの十二運の観たては、以下のリンク先でご確認ください。

【年柱】:冠帯
【月柱】:
【日柱】:冠帯
【時柱】:不明

特殊星(とくしゅせい)

上記の命式には、以下の特殊星が入ります。 特殊星は、命式内の天干と地支の組み合わせを部分的にみて、特定の組み合わせがある場合に名前をつけたものです。

特殊星は、命式の基本となる干支(かんし)や通変星(つうへんせい)に比べれば、それほど重視する必要はありませんが、 その人の性格や運勢を特徴づける部分的な要素と観ます。

それぞれの特殊星の観たては、以下のリンク先でご確認ください。

【年柱】:節度貴人 暗禄 羊刃 
【月柱】:月徳貴人 亡神 亡神 
【日柱】:節度貴人 暗禄 羊刃 天徳貴人 
【時柱】:

命式の見方
基本的な人格・性質
結婚・恋愛の傾向
健康運・注意すべき病気
運気の流れ(10年運と1年運)
他の人との相性を占う
日ごとの運勢カレンダー
西洋占星術で占う
九星気学で占う
モテ占いで占う

※上記の占い結果は、四柱推命の解釈に基づいて性格の傾向を解説したものです。 あくまでも“四柱推命ではそういう傾向があるとされている”ということであり、 性格診断テストのような科学的根拠があるわけではありません。

※四柱推命の鑑定では、必ず命式全体のバランスを考慮する必要があります。 上記の性格判断は、命式の各部分を数値化するなどして機械的に算出しており、 必ずしも上記の解釈がすべてではない点に注意してください。

※より厳密に鑑定されたい場合には、信頼できる専門家に個人鑑定を依頼されることをおすすめします。